最新のスタートアップ関連情報

STARTUP NEWS

最良のロゴを作るために構成すべき5つの要素【btrax】

ブランド形成においてビジュアル要素の一つであるロゴの重要性は高い。人間が視覚的動物である以上、消費者の記憶に最も直結しているのが企業や製品の”シンボル”となるロゴである。優れたロゴは単純に見た目が美しいだけではなく、ビジネスに対しても大きな価値を生み出す。既存顧客からのロイヤリティ獲得に加え、広告やプロモーション時においても威力を発揮し、競合との差別化要因としても重要な要素となる。

例えば下記のように中身が同じような内容でも、その外側に記載されているロゴによって消費者がそれに対して感じる”価値”が異なってくる。最終的には正しいブランディングを構築した企業の価値もアップする。

1

ブランド構築の一要素としてロゴの重要性は非情に高く、これが間違っていると消費者や顧客に対して最適なイメージを与える事が出来ず、企業としての価値は頭打ちになる。一方で、正しくデザインされたロゴには、ユーザーを惹き付ける力を備えており、ヒット商品を生み出す起爆剤ともなり得る。

優れたロゴを構成する5つの要素

ではどのようなロゴが優れているのであろうか。デザイナーとして最も基本であり、同時に奥が深いロゴデザインの理論を元に、企業に対して正しい価値提供を行なうことの出来るビジュアルアイデンティティの一つであるロゴがもつ5つの要素は下記になる。

  • 1.Simple – シンプル
  • 2.Memorable – 印象的
  • 3.Timeless – 普遍的
  • 4.Versatile – 多面的
  • 5.Appropriate – 妥当性
1. Simple – シンプル

レオナルド・ダ・ヴィンチはその昔、”シンプルである事は究極の洗練だ”と語った。デザインにおいてシンプルである事はある意味究極の完成形である。ロゴに関しても同じで、シンプルである方が見た人に覚えてもらいやすく、脳がそのシンボルを感覚に変換しやすくなる

参考:なぜデザインはシンプルな方が良いのか

例えばスターバックスのロゴは何度か変更が施されているがその度にどんどんシンプルになってきている。これにはちゃんと意味がある。初心者デザイナーがロゴデザインを行なう際の間違いの一つが、グラデーションやシャドー、過剰な数の色を使ってしまう事。これ以上ないぐらいに削った方が良いロゴがデザインされる。

リデザインされるたびに色と線の数が減りシンプルになっていくスターバックスのロゴ
2

2. Memorable – 印象的

ロゴの究極的な役割は見た人に”覚えてもらう”事である。例えば、街頭インタビューでブランドのロゴを描いてもらうテストをしてみたところ、実物に近く描けていたのは、Nike, Mcdonalds, Appleなどのシンプルなロゴで、複雑なロゴは印象に残りにくいだけでなく、思い出しにくいという事も判明した。

参考:ミニマルデザインのススメ – 基本知識と7つのヒント

その中でもNikeのロゴは誰でもスケッチで書けるほどに一度見たら忘れない、思い出しやすい。

見た人に早さと躍動感などのスポーツ的印象を強く与えるNikeのロゴ
3

3. Timeless – 普遍的

ロゴのデザインがころころ変わってしまっていてはユーザーが混乱してしまい、企業のイメージも定着しにくくなる。一方で、昔から同じロゴで消費者に愛されているブランドは、普遍的なイメージ構築に成功している。

参考:シンプルにデザインする事の難しさ
トレンドを追いかけたデザインは時代と共に廃れ、ダサくなるが、基本に忠実に無駄を極力排除した洗練されたデザインは、何年経ってもその魅力が色あせる事は無い普遍的=タイムレスな存在であり続ける事が出来る。リリースされた数十年後も色あせないロゴが優れたロゴである。

デザインされてから数十年経っても普遍的な価値を与え続けるコカコーラのロゴ
4

4. Versatile – 多面的

ロゴをデザインする時に最も気にしなければならないのが、それがどのように利用されるかという事。名刺やWebサイトを始めとして各種広告、動画、ビルボード、新聞掲載、Tシャツ、ステッカー、カップケーキに至るまで、ロゴは様々なメディア上で利用される多面性を持ち合わせている必要がある。

参考:フラットデザイン入門: その利点と注意点と主なテクニック

その為には過度な拡大や縮小、モノクロ低解像度での印刷にも耐えられる必要性が出てくる。それを考えればロゴは自ずとシンプルで構成要素の少ないものになるべきである。具体的には下記のポイントを抑える必要があるだろう。

  • ・過度なエフェクトを使わない
  • ・表現の構成要素が少ない
  • ・アイコン等の装飾品の抽象度が高い

どのような媒体に利用されても一目で認識可能なAppleのロゴ
5

5. Appropriate – 妥当性

上記の4つのポイントを抑えたのであれば基本的な優れたロゴの必要条件は満たしている。最後にもう一つ重要な点は、そのロゴがそのビジネスやプロダクトにとってふさわしいイメージやストーリーを表現しているかという事。

参考:なぜ日本企業はブランディングに苦戦しているのか【インタビュー】Storymaker ビョルン・アイヒシュテット氏

例えばマクドナルドの”m”の部分、ゴールデンアーチは初期の店舗の形をモデルにしている事や、IBMのロゴの線が8本であるのは8ビットが1バイトである=デジタルに関連しているビジネスである事などをロゴとして具現化している。ちなみに当社のロゴの”B”の部分は,社名のbtraxの由来が”B Tracks (レコードのB面)”であることからレコードをモチーフにしている。

8本の線がBit/ByteをモチーフとしているIBMのロゴ
6

( Brandon K. Hill / CEO of btrax, Inc )

btrax (ビートラックス)とは

btraxはサンフランシスコに本社、東京にもオフィスを構えるクリエイティブ・エイジェンシー。これまで多くのアメリカ・国際企業に対してブランドコンサルティングサービス及び日本企業の国際展開とイノベーション創出サポートを提供。お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

またbtraxはデザインをメインにしたコーワーキングスペース、D.Hausを開設致しました。

D.Hausはデザイン的視点から日本企業と地元のスタートアップがコラボレーションを行うことを目的に、2015年10月1日よりサンフランシスコに開設されているオフィススペースです。単なる作業スペースだけではなく、最新情報の提供やメンターシップ、イベントを通じ、ヒトと技術をデザインで繋ぐ事により、イノベーション創出の為のプラットフォームを実現します。こちらには崇城大学も入居しています。

D.Hausのご利用により敷金、礼金、保証金無しでサンフランシスコにオフィスを持つ事が可能です。詳細、資料請求等は公式サイトまで。