最新のスタートアップ関連情報

STARTUP NEWS

コーポレートカルチャー (企業文化) の構築は3つの要素がカギを握る【btrax】

先日、コーポレートカルチャー(企業文化)の一部として、Google、Facebook、Airbnbが取り組んでいるチームビルディングの手法について紹介させて頂いた。今回は、もう少し掘り下げた内容でコーポレートカルチャーについて話したい。その重要性から自社のカルチャーを構築する為に必要なことをまとめたので、ぜひご覧頂きたい。

なお、今回の記事はパートナー企業であるStorymakerとのタイアップ記事なので、Storymakerとbtraxのカルチャーについてもご紹介させて頂きたい。

関連記事:なぜ日本企業はブランディングに苦戦しているのか【インタビュー】Storymaker ビョルン・アイヒシュテット氏

1. 従業員の効率性はコーポレートカルチャーの良し悪しで決まる

freshtraxでは今まで何度もコーポレートカルチャーについて話しをさせて頂いているが、改めてその定義に触れたい。コーポレートカルチャーとは、家を支える大黒柱のようなもの。丈夫で長持ちする大黒柱がないと家が崩れてしまうのと同じで、優れたコーポレートカルチャーがないと企業が成り立たない。なお、カルチャーは、企業のミッションや方向性、職場環境を反映させたものとなる。

The University of Warwickの調査によると、幸せだと感じる従業員は普通の従業員に比べて効率性が12%高く、不幸だと感じる従業員は普通の従業員に比べて効率性が10%下がることが分かった。つまり、従業員に働きやすい環境を与えて仕事のモチベーションを向上させるカルチャーを構築すれば、おのずと会社全体の効率性が上がるのだ。

img01

2. 唯一無二のコーポレートカルチャー

コーポレートカルチャーに方程式や正解などはないので、唯一無二のコーポレートカルチャーを構築することが何よりも大切だ。そこで、下記2つのステップを踏まえて弊社btraxとStorymakerがどのようなカルチャーづくりをしているか紹介したい。

ステップ1: 自身の企業を知る

当たり前のことかもしれないが、企業の歴史や生い立ちなど、自身の企業のことをくまなく知ることが大切だ。創立者がどんな想いで起業したのか、どのような失敗や困難を乗り越え成功を収めてきたのかを知ることで、独自のコーポレートカルチャーを構築するきっかけが見つかるはずだ。

ステップ2: 会社の方向性を可視化

自身の企業を知り尽くしたあとは、会社の将来において明確なビジョンを持ってほしい。会社として3年後、5年後、10年後どのような会社でいたいのか、どんな職場環境を作りたいのか、会社の方向性においてビジョンを持つことで目の前にある問題や課題が見えてくる。AirbnbのコーファウンダーであるJoe Gebbiaは、ストーリーボードという自分のビジョンを可視化する手法を会社に取り入れ、カルチャーを生み出した。もしもどのようにビジュアル化していいか分からない場合には、ぜひお勧めしたい。

3. btraxとStorymakerのカルチャーから学ぶ企業風土の重要性

btrax: “We are all designers”

btraxとはサンフランシスコと東京を拠点に、イノベーションを通して企業のグローバル展開を促進するコンサルティング会社。日本企業に世界最高のイノベーション環境とメソッドを提供する『Innovation Booster』、ローカライゼーションや海外のマーケット調査などを通して企業のグローバル展開をサポートする『Global Design Consulting』、そしてサンフランシスコで運営するコワーキングスペース『D.Haus』をサービスとして提供。

弊社CEO、Brandon K.Hillが提唱する”We are all designers”は、btraxのカルチャーの一部である。このメッセージは”私たちは皆デザイナー”ではなく、”私たちは皆デザイナー的マインドセットを持っている”という意味で、デザイン的観点から問題を解決していきますという意思表示である。

  • ・自己成長を促進するミーティング
    弊社では、個々が成し遂げたいことを社内のチームに共有するミーティングを定期的に開催。達成させたい目標とその目標を達成させる為のアクションを話し、チームからフィードバックをもらうことで、新たな可能性が広がり且つ互いをより知ることができる。
  • ・社内ワークショップ
    Brandonや社内デザイナーをはじめ、様々なポジションのメンバーがワークショップを開催している。社内でワークショップを開催することで、社内で学ぶ環境を増やすことができるだけではなく、自身の経験や知見を相手に伝える力を養うことを可能とする。

img02

関連記事:デザイナーとは職種ではなくマインドセットである

Storymaker: “A company that lives and breathes story and storytelling”

Storymakerとは、ドイツに本拠地を構えるPRファーム。ストーリーデザインを主な戦略に、スタートアップから大手テクノロジー企業のPR・デジタルコミュニケーション、海外マーケットの参入支援も行っている。

Storymakerにとってのコーポレートカルチャーは、ストーリーテリングで会社や人の生きたストーリーを伝えること。Storymakerでは、ジェネラルマネージャー層が定期的に社内に向けてストーリーテリング・セッションを行っている。会社概要やサービス内容、働いている人達についてのストーリーを互いに共有することで、自社をより理解することができるからだ。

  • ・ファミリーフレンドリーなカルチャー
    チームメンバーの殆どが子供を持つことから次第に家族の時間を優先する働き方になり、就業時間は9時〜18時にしているという。また、「夜は皆んなが家族と時間を過ごせるようにしたい」という理由から、社内でパーティーを開く時は必ず昼の時間にしているのもStorymakerならではのカルチャー。
  • ・コーポレートカルチャーを象徴とするアイテム

Storymakerはコーポレートカルチャーに沿ったグッズを作り、イベントやミーティングの際にクライアントに手渡す。下の写真は、Storymakerの歴史を入れ混ぜたノートだ。ストーリーメイキングを得意とするStorymakerだからこそ、ノートをブランドアイテムに採用したとのこと。

また、ミュンヘンのオフィスにStorymakerのネオンサインが新たなアイテムとして加わった。実はStorymakerのオフィスは、Red Light Districtと呼ばれるエリア付近にあるので、この街の文化的シンボルであるネオンサインをオフィスのデコレーションに加えた。これも一種のストーリーテリングと言っていいだろう。

img03

btrax x Storymakerパートナーシップについて

昨年、Storymaker社 (本社ドイツ) とbtrax社 (本社サンフランシスコ) は、日本企業の世界進出サポートを目的にパートナーシップを締結いたしました。これにより、アジア、北米、欧州全域に対するブランディング、マーケティング、そしてプロモーションサービスの提供が可能となりましたので、ご興味のある方はtokyo@btrax.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。

参考:
It Really Pays to Have a Rich Company Culture [Infographic]
New study shows we work harder when we are happy

日本の企業に世界最高のイノベーションメソッドを

イノベーション創出サービスを提供するbtraxでは、イノベーションの最先端を行く本場サンフランシスコ・シリコンバレーにて、デザイン思考や、ユーザー中心デザインなど、新プロダクト・サービス発案のメソッドを通じ新規事業の創出サポートを提供しています。このプログラムはイノベーションを生み出すための人材開発にも貢献します。

海外展開のノウハウ、スタートアップ企業とのネットワーキング等も直接体験をするイノベーション創出サービスの詳細はこちらから。資料請求はお気軽にtokyo@btrax.comまでご連絡下さい。

( Kayo Sasaki / Marketing Specialist, btrax, Inc.)

btrax (ビートラックス)とは

btraxはサンフランシスコに本社、東京にもオフィスを構えるクリエイティブ・エイジェンシー。これまで多くのアメリカ・国際企業に対してブランドコンサルティングサービス及び日本企業の国際展開とイノベーション創出サポートを提供。お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

またbtraxはデザインをメインにしたコーワーキングスペース、D.Hausを開設致しました。

D.Hausはデザイン的視点から日本企業と地元のスタートアップがコラボレーションを行うことを目的に、2015年10月1日よりサンフランシスコに開設されているオフィススペースです。単なる作業スペースだけではなく、最新情報の提供やメンターシップ、イベントを通じ、ヒトと技術をデザインで繋ぐ事により、イノベーション創出の為のプラットフォームを実現します。こちらには崇城大学も入居しています。

D.Hausのご利用により敷金、礼金、保証金無しでサンフランシスコにオフィスを持つ事が可能です。詳細、資料請求等は公式サイトまで。