最新のスタートアップ関連情報

STARTUP NEWS

見落としてはならない、起業前に決めておくべき3つの事

日本で起業をされる際には何を目的としているだろうか?ちょっとした思いつきや、自分の好きな事を追求する為にスタートアップを始めるケースも多いだろう。しかし、これから紹介する3つのポイントをしっかりと抑えておけば、より成功に近づく事が出来る。

スタートアップの定義

新しいビジネスモデルを開発し、ごく短時間のうちに急激な成長とエクジットを
狙う事で 一獲千金を狙う人々の一時的な集合体

ベンチャー企業とスタートアップの違いより

1. なぜやるのか − 会社の存在意義であるCore Valuesを決める –

まず第一に、スタートアップをなぜやるのか(Core Values)を決定する必要がある。Core Valuesをしっかりさせることで、新しいサービス・商品を始める際に、その会社の存在意義、または商品・サービスがなぜ存在する必要があるのかを明確にすることが出来る。反対に、Core Valuesがぶれてしまうと、途中で頓挫してしまったり、商品の魅了がユーザーに伝わらなかったりしてしまう。最初から会社のビジョン、ミッションを決 めることは難しいかもしれないので、まずはCore Valuesを明確にすることから始めると良いかもしれない。具体的には以下の3種類に分類され、スタートアップとして成功するために最低でもどれかも1つに当てはまっていることが重要。

社会的存在価値 – Values for the Society –

その会社が存在することで社会へ何かしらの貢献をし、世の中に変化をもたらすこと。これはサンフランシスコで最もよく見るタイプの一つであり、例えばUber, airbnbなどのような今流行のシェアリングサービスもその1つだろう。

ユーザーに対しての存在価値 – Values for the Users –

ユーザーに対して間違いないメリットを提供することが出来るということ。例えば、店舗まで行く必要なくオンラインでの買い物を可能にしたAmazon.com。

ビジネスとしての価値 – values for the Business –

ビジネス的に非常に儲かること。全てのスタートアップ、企業が社会、またはユーザーにとって良いものを提供しているわけではない。例えばBtoBなど、直接ユーザーや社会に影響を与えているのか定かでない業種、業態も多く存在する。そんなとき、ビジネスモデルとしてそのサービス、プロ ダクトが多くの収益をもたらすのであれば、それも1つのCore Valuesになりうる。

2. 鎮痛剤かビタミン剤か? – Pain Killer or Vitamin –

必ずしも既存の問題・不便な部分を解決する必要はない

新しいビジネスモデルを考える際に、既存の問題、不便な部分を解決するもの、つまり薬に例えると鎮痛剤を作るべきだという考えが日本では定説になっている気がする。しかし、それと同時にユーザーが現在困っているわけではないが、新たに価値を提供することでより生活が豊かになるというビタミン剤的なサービスも実は多く存在する。

鎮痛剤型サービス一例 – Solving Problems –

img01
Evernote, Google Maps, 乗り換え案内などのサービスは、私たちが生活の中で感じていた不便な部分、既存の問題を解決するサービスである。

ビタミン剤型サービス一例 – Creating Habits –

img02
Facebook, instagram, Youtubeなどのサービスは存在していなくても何かが特別不便になるようなものではない。しかし、それを使う事で今までに存在しなかった付加価値をユーザーに提供し、何か新しい習慣をもたらす。

スタートアップを始める際には、そのサービスが鎮痛剤なのか、ビタミン剤なのか、はっきりさせておくと方向性が定まりやすいかもしれない。常に鎮痛剤を作る必要はなく、ユーザーへ新しい行動パターンを生み出すビタミン剤系サービスを作ることも選択肢の1つになる。

3. ターゲットニッチを定める

日本ではニッチマーケットを狙うと市場が小さすぎるため、発展性が見込めないのではないだろうか、展開、エグジットが難しいのではないのか、と言われることが往々にしてあるのではないだろうか。しかし世界規模でサービスを展開すると、ターゲットがニッチであっても大きくスケールすることは可能である。スタートアップは大企業と違った良さを出していくことが不可欠であり、その手段としてターゲットニッチを定めることは重要なポイントの1つになりうる。

1) Twitter

img03
(写真:Twitter公式アカウント

日本でも多くのユーザーを有するSNSサービスTwitter。実はアメリカでは、全インターネットユーザーの18%しか利用していない。また世界的に見ても9%からしか利用されていない。しかし2013年の売り上げは6億6490ドルに達している。

2) Tokyo Otaku Mode

img04
(写真:Tokyo Otaku Mode ホームページより)

オタク向けの情報を提供しているサイト。オタクというある意味ニッチなマーケットをターゲットにしているが、世界展開することで、Facebookで1500万以上のLikeを獲得している。

3) WhatsApp

img05
(写真:Whatsapp公式ホームページより)

アメリカで9%しか利用者がいないWhatsApp。しかし世界規模で見ると4.5億人のユーザーを有する。例えば仮にこのアプリが提供するプレミアムプランでユーザー1人当たりから年間99セントの利用料を徴収した場合、その売り上げだけで年間計450億円に達する。

4) WHILL

img06
(写真:WHILL公式ホームページより)

日本ではニッチすぎる電動車いすマーケット。しかし世界規模で見ると40億ドルのマーケットであり、シリコンバレーに拠点を構え、資金調達に成功。
「この世のネガティブなものはポジティブになり、そしていつかはポジティブを越える」WHILL CEO 杉江理氏インタビューより –

新しくビジネスを始めたり、企業内で新規事業をスタートする際にはあまりにもやることが多すぎてついつい見落としがちになる3つの重要なポイント。意外と盲点な部分もあるので、まだ決まっていない方はなるべく早めに決めておくのが良いだろう。

( Brandon K. Hill / CEO, btrax, Inc.)

参考記事:http://blog.btrax.com/jp/2014/09/04/3things-startup/

btrax (ビートラックス)とは

btraxはサンフランシスコに本社、東京にもオフィスを構えるクリエイティブ・エイジェンシー。これまで多くのアメリカ・国際企業に対してブランドコンサルティングサービス及び日本企業の国際展開とイノベーション創出サポートを提供。お気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

またbtraxはデザインをメインにしたコーワーキングスペース、D.Hausを開設致しました。D.Hausは デザイン的視点から日本企業と地元のスタートアップがコラボレーションを行うことを目的に、2015年10月1日よりサンフランシスコに開設されているオフィススペースです。単なる作業スペースだけではなく、最新情報の提供やメンターシップ、イベントを通じ、ヒトと技術をデザインで繋ぐ事により、イノベーション創出の為のプラットフォームを実現します。こちらには崇城大学も入居しています。

D.Hausのご利用により敷金、礼金、保証金無しでサンフランシスコにオフィスを持つ事が可能です。詳細、資料請求等は公式サイトまで。