チュートリアルMOVIE

TUTORIAL MOVIE

VR・ARビジネスのトレンドとアントレプレナーシップの秘訣

VR元年ともいわれる2016年に、複数のメーカーからVR対応のヘッドセット機器が発売される中で、そのはるか前から医療業界ではVRを活用することで患者さんの役に立つことができないかと研究がなされてきました。患部の3Dデータをもとに手術のシミュレーションを行ったり、新人医師の教育に用いたりすることで手術の安全性を高めることができ、映像のみならず3Dプリンタによる立体模型を組み合わせることで医療をより確実で安全なものにしていく取り組みが注目されています。

医療分野におけるVRの活用事例を中心に、医療のみならず、VRという技術がこれからどのように私たちの生活に関わり、どのように世界を良くしていくのか、映像等も交えながら有限会社ニュートン・グラフィックス社顧問 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 准教授 崇城大学客員教授 杉本真樹氏がわかりやすく解説します。

  • VRについて

    43分 (0:00→42:47)

    • ・講師紹介
    • ・VRの定義とは何か
    • ・主要なVR製品の紹介
    • ・VRの歴史
    • ・VRビジネスの傾向と概要
  • 医療分野におけるVR

    45分 (42:48→1:28:07)

    • ・VRの医療分野への必要性
    • ・医療データの3D化
    • ・医療でのVRの活用事例
    • ・立体視を実現する技術について
  • 個人の力のVR・AR製品とコンテンツについて

    22分 (1:28:08→1:50:08)

    • ・今後のVR製品とコンテンツ
    • ・AR製品について
    • ・触覚化と3Dプリンタ
    • ・3Dプリンタの医療への応用
  • 人の役に立つVR

    15分 (1:50:09→2:05:20)

    • ・VRの貢献事例
    • ・Q&A