起業のための
ファイナンス入門

FINANCE

1.資金調達の意義

事業をスタートし、拡大していくためには、資金調達をすることが必要不可欠です。設備を購入する際、材料を購入する際など、様々な場面で資金が必要になる一方、お金が入ってくるのはモノ・サービスが売れてから(場合によっては売れて一定期間が経過してから)になりますので、その間の必要資金は投資家、金融機関などから調達しなければなりません。
適切な資金調達を行う前提として、まずは「どんな時に資金調達が必要になるか」を知り、一方で「どんな資金の出し手が存在しているか」を知ることが重要です。本稿では、その両面から資金調達の基本的な内容について解説していきます。

前のページ

次のページ