Orbisグループ

ORBIS GROUP

ミッション

自然を学び、愛する心を

*

Orbisの取り組みとその思い

現在の学習の中で一番の課題は、「教える情報量 > 体験・経験量」ということです。人が何かを学ぶということは、実際に体験あるいは経験してみなければ本当の意味で学んだとは言えません。
VR図鑑は、自然をリアルに感じ、「学ぶ」の具体化に貢献します。そして、自然を体験し、これからの未来を考えることができる、そういう図鑑を提供していきます。

試作内容

*

VR図鑑は、その名の通りVRと図鑑を融合させたものです。VRの疑似体験領域と図鑑の専門領域を掛け合わせることで、今までにない新しい図鑑を創っていきます。

現状

現在Orbisは試作段階にあります。2017年3月を目標にプロトタイプを製作していきます。

今後の展開

*

VR図鑑の第一弾として、野鳥のVR図鑑を製作します。そして、その一歩目として、私たちが暮らす熊本県内の野鳥VR図鑑を。続いて日本各地そして、世界の野鳥VR図鑑を完成させます。
野鳥VR図鑑を軸として、魚類・哺乳類・植物と様々なジャンルのVR図鑑を作製していきます。
最終的に私たちが目指すものは、世界の生態系を網羅した自然科学VR図鑑にすることです。

メンバー紹介

*

「Orbis」世界を変えていく図鑑
17世紀、チェコの教育家コメニウスは、現代の学校での教育すなわち学校教育のしくみを構想した。コメニウスの思想であった、「あらゆる人が、あらゆることを、あらゆる側面から教える」をもとに生きた彼の功績は、現代に引き継がれている。
特に、彼の主著である世界初の絵入り教科書「世界図絵」は、視覚を通した学びを可能にした。
私たちは、「世界図絵―Orbis Pictus―」からコメニウスのように、これからの教育を創っていく、という想いを込めチーム名を「Orbis」と名付けました。

岩井蘭子(2年:生物生命学部)

野口雅貴(2年:工学部)