お知らせ

NEWS

熊本県オープンビジネスコンペティション 2017(復興に向けて) 第3回崇城大学ビジネスプランコンテスト 1次審査結果

1次審査通過30プラン決定。(応募総数78プラン)

熊本県オープンビジネスコンペティション 2017(復興に向けて) 第3回崇城大学ビジネスプランコンテストにご応募いただき、誠にありがとうございました。

応募総数は78プランとなりました。外部審査員による厳正かつ公正な審査を実施いたしました結果、30プランが2次審査に進むことになりました。

2次審査(面接プレゼンテーション審査)は、12月1日(木)、2日(金)に、崇城大学G号館2階(SOJO Ventures スタートアップ・ラボ)で実施され、ベンチャーキャピタリスト、IT企業、コンサルティングファームが審査員を務め、最終審査(12月17日)に進む8プランが選出されます。

1次審査通過の30プランは以下の通りです。
熊本県オープンビジネスコンペティション 2017(復興に向けて) 第3回崇城大学ビジネスプランコンテスト 1次審査結果

第3回九州未来アワード Ciamo (シアモ) が学生起業アイデア部門大賞受賞!

news_20161117_1
news_20161117_2

ワサモンのまちづくりの起業家育成指導に参加している、Ciamo (シアモ) の古賀碧さん(崇城大学生物生命学部
応用生命科学科4年)、後藤みどりさん( 崇城大学生物生命学部 応用微生物工学科3年)らが、
「第3回 九州未来アワード」で学生起業アイデア部門の大賞を受賞した。
11月8日(火)に開催された本大会では、古賀さんがプレゼンを行い、養殖エビの免疫向上などに用いる光合成細菌を、産業廃棄物の焼酎かすから培養するキットを開発・販売していく計画を提案した。

九州未来アワード

前のページ

次のページ